ホーム>院長ブログ>2014年5月

2014年5月

可動域の拡大-久米川の整体院ブログ

ホームページ上のBefore&Afterのページでもアップしましたが、

今回は60代女性の劇的Before&Afterです。

野田before1.jpeg

2013年8月

野田before2.jpg

2014/05/09

2014515191650.jpg

2014/05/15

 60代でもここまで改善できます!
この患者さんは、全身が凝り固まって昨年の夏は左の写真のようにほとんど反れていません。ちなみにリアライン・コア使用してます。

この頃は全くといっていいほど、皮膚・皮下脂肪が指でつかめなく、メディセルプロテクノPNFでちまちまやっていました。

昨年暮れ頃から指でつかめるようになり、先週9か月ぶり写真をとると、真ん中の写真のようになっていました。
これだけでも、この患者さんにしてみれば大きな進歩なのですが、問題は丸印の腹筋。
下部腹横筋の収縮不足が見られます。
下部腹横筋は、骨盤をガチっと固定するために使われる筋肉で、つまりこれが収縮しないということは、歪みまくりです。

今日も来院されたので、癒着のリリースとリアライン・コアエクササイズ、呼吸による下部腹横筋エクササイズで右の写真のようになりました。
この時、患者さんは特に下部腹横筋は意識しておりません。
無意識下でも筋収縮が行われるようになり、骨盤が安定しているため可動域も拡大しています。

 

本来、日常生活では意識して筋収縮をしておらず、無意識に(勝手に)収縮と弛緩を繰り返しています。

○○筋を意識して・・・や、××に荷重するよう意識して・・・などと言われますが、それはエクササイズの時だけの話。

普段歩く時に、○○筋を意識して収縮させて、××に荷重するよう意識して・・・なんてそんな面倒なことしたくないし、できません。

無意識下でもしっかり筋肉が働く、関節がちゃんと動く。

これがcurareの目指す機能回復です!

 

 

 

バランスシューズ指導!-久米川の整体院ブログ

久しぶりの更新ですが・・・

 

昨日はcurareに来てくれている高校生の患者さんが所属しているフィギュアスケートクラブで、リアライン・バランスシューズを指導してきました。

なるべく少人数でということで、2班に分けて行ったのですが、そのうち1班はなんと全員小学4年生!

中学生・高校生を想定して資料を作ったので、内容が伝わるか不安でしたが、分かってくれた様子で一安心。

それにしても、小学生のまっすぐな瞳が突き刺さって痛かった(笑)

 

4年生の一人が膝痛を抱えていて、整形外科で軟骨がすり減っていると診断され、ヒアルロン酸を打たれたとのこと。

指導中に見ると、明らかに関節に負担のかかりそうな膝の曲げ方。

その状態の時に声をかけると「痛い。」

足底の荷重位置や股関節の屈曲角度を直してあげると、「痛くない!」

この差を分かってくれて継続してくれるといいのですが、4年生で軟骨がすり減るって・・・この先が心配ですね。

 

バランスシューズ指導.jpg

写真は中・高生の班です。curareの患者さんも何人かいて、ちょっと安心。

定期的に来院している、強化選手でもある高校1年生の子がリーダーシップをとってくれていて助かりました。ありがとうNさん!ムチャぶりしてごめんなさい<(_ _)>

 

中学生・高校生となると、競技歴は10年を超える子もいます。ある程度の知識も経験もあるので、理論的なことも少し伝えました。

フィードバックとフィードフォワードなど、バランスシューズの特徴を理解してくれたかと思います。

実技に入ると、思うようにカラダが動かなくて、難しそうな顔をしてる子もちらほら。

イメージは正しくても、カラダがいうことをきかない。

そう、それは恐らく癒着と歪みが原因です。

そのギャップで苦しむのはせつないですね。競技にも影響するし、何よりケガのリスクが増大します。

カラダもココロも成長し、ただでさえ何かとアンバランスなお年頃。せめて癒着と歪みは何とかしてあげたい!

今後もサポートさせていただきます!

 

 

 

 

ページ上部へ