ホーム>院長ブログ>院長ブログ>サッカーで腰痛!-久米川の整体院ブログ
院長ブログ

サッカーで腰痛!-久米川の整体院ブログ

始まりましたW杯!

残念ながら日本代表は初戦を落としてしまいましたが・・・あと2戦に期待しましょう!

そしてW杯では世界トップのプレーを楽しみに、日本代表以外の試合も多くの方が観戦することと思います。

そこで今日は、最近サッカー観戦中に腰痛を発症した事例を紹介します。

 

30代 男性

受傷機転:
5/25早朝 UEFA CL決勝をソファで寝転んでTV観戦。
試合終了間際のセルヒオ・ラモスの同点ゴールに興奮し飛び起きた際に受傷。

経過:
試合終了後、ソファから立ち上がることができず、這ってリアライン・コアを装着しに行く。
コア装着後、即座に痛みが軽減し軽く動いてみる。
コアを外すと、時間の経過とともに痛みが強くなる。

1週間が経過しても、回復具合は一進一退。
椅子から立ち上がることは出来ても、その後しばらくは腰が伸びない状態。
この間、どれが一番効果がでるかいろいろな治療法を試してみる。

2週間が経った6/8(日)
それまで主に腰部から下をリリースしていたが、胸郭に移す。
上部、中部、下部それぞれの胸郭の運動を正常化し、胸椎の回旋のクセをとると、ついさっきまで腰の曲がったお年寄りみたいな姿勢だったのが、ウソのようにまっすぐに!

立位と脊柱伸展のBefore & After もこの通り。ウソじゃないですよ。

kurashima腰痛立位.JPG

Before 立位
股関節が伸びません!

kurashima立位2.JPG

After 立位
まっすぐ立てるようになりました!

 
kurashima伸展1 .JPGのサムネイル画像

Before 伸展
痛みで顔が歪んでます!
何とも情けない・・・

kurashima伸展2.JPGのサムネイル画像

After 伸展
とりあえずなんとかここまで!

既にお気づきと思いますが、この患者は、私です。

こんなに長引く腰痛は、野球部時代以来でした(笑)

今回は敢えてリアライン・コアを使用せず(初日だけ使いましたが)、徒手療法のみをいろいろ試せたおかげで、腰痛について更に理解が深まりました!

ちなみに、股関節の伸展制限がまだ残っていたので下腹部・臀部・ハムストリングスをリリースし、リアライン・コアで正しい動きを取り戻し、今では完全復活です。

皆さま、サッカーでケガをするのは選手だけではありませんので、ご注意ください。
先日もイングランドのフィジカルコーチ(理学療法士)が足関節脱臼骨折しましたし・・・
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.curare-kumegawa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/16

ページ上部へ