ホーム>院長ブログ>院長ブログ>筋肉の位置を変える!その2-久米川の整体院ブログ-
院長ブログ

筋肉の位置を変える!その2-久米川の整体院ブログ-

前回のブログで、筋肉同士の癒着を剥がして位置を整えることで、筋肉の働きが増すという実験をしました。

今日はその続きで、癒着を剥がすことは関節可動域にも影響するというお話。

 

これに関しては、写真で見てもらえば一目瞭然です。

バレエで言う「プリエ」(の真似ごと^^;)をしてみました。バレエをしている方、こんなのプリエじゃねえ!と怒らないでください<(_ _)>

股関節可動域.JPGのサムネイル画像

左脚前面のみリリース

 

右脚と比べ、つま先・膝の位置(○印)を見ると

しっかり外側に向いています。つまり股関節の可動域が

増大しています。

股関節可動域2.JPG

左脚後面と右脚前後面をリリース

 

大腿部後面(ハムストリングス)も筋間リリースすることで

つま先はほぼ180°開き膝の位置も外側に開いています。

可動域が更に増大しました。

 

筋肉同士の癒着を剥がすだけでこの可動域の変化です。一切ストレッチはしていません。

私は元々カラダが硬いので、これ以上膝を曲げるとお尻が突き出てしまいますが、ここからストレッチをすればもっと深く膝を曲げられるはず・・・

 

癒着を剥がして関節のかみ合わせを正し、筋肉の位置を戻す。

ストレッチや筋トレはこの後にやった方が効率が良いでしょうね。

私はここから本格的にダイエットを開始します(笑)

 

患者さんの中には、臀部と大腿部の皮下脂肪リリースと筋間リリースをしただけで、骨盤の歪みがどんどん矯正され、ズボンのウエストがゆるゆるになった方もいました。

リリースが進むにつれ、どんどん変わっていくのでオモシロイですよ。

皆さまも是非体験してみてください。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.curare-kumegawa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/20

ページ上部へ