ホーム>当院紹介

当院紹介

当院の理念

歪みにお悩みの全ての方へ

関節の痛み

肩コリ・腰痛・膝痛など、その原因のほとんどが「歪み」にあると言われています。事実、当院にご来院いただいている患者様の「痛み」は、関節の歪みを改善することで解決しています。
歪みというと 骨盤 を連想される方が多いと思いますが、骨盤 だけではなく、関節全てに 歪み は起こり得ます。

例えば、現在日本で約3,000万人の潜在患者がいるといわれている 変形性膝関節症。これは軟骨がすり減るという、骨の組織そのものが変形してしまうものですが、「変形」する前の段階には必ず膝関節の「歪み」があります。歪んだ状態で曲げ伸ばしを何年、何十年と行えば、軟骨も削れてしまうのは想像に難くないものです。「歪み」を改善しておけば、軟骨も傷みにくいと言えるでしょう。

人間のカラダは加齢と伴に確実に衰えていきます。椎間板や軟骨などはどんどん水分が失われ、薄くなっていきます。これは避けようのない事実です。

人工関節置換などの手術を回避するには、歪みを改善し関節の負担を減らすことが重要になってきます。

是非とも関節の歪みを改善して、お仕事やご趣味など痛みを気にせずできるカラダに戻っていただきたいと切に願います。

カラダの再生

「再生」とは、日常動作のクセから生じる歪みを取り除き、その状態をキープするために正しい使い方を神経・筋に再教育をすることだと当院では考えています。
せっかく歪みがとれても、カラダの使い方を正さなければ、またすぐに元の歪んだ(痛む)状態に戻ってしまいます。ヘルニアや脊柱管狭窄症、人工関節などの手術をしても、まだ痛い というのも同様です。
再教育という言葉から難しいと感じるかもしれませんが、いたってシンプルです。普段あまり使っていない筋にも仕事をさせてあげ、逆に今まで仕事をし過ぎてきた筋を休ませてあげる。すなわち、筋における仕事の役割分担をする。これだけです。腰痛改善の為の筋トレや必要以上のストレッチは必要ありません。歪みの無い状態での筋活動をカラダに覚えこませれば良いのです。

施術風景

人間には自然治癒力という偉大な力が備わっています。日々の疲れは、日々の睡眠によって解消されるはずです。どこか痛む時、誰しも一度は期待する「寝りゃ 治る。」これは自然治癒力そのものです。

ですがこの現代のストレス社会、精神的・機能的な障害によって寝ても治らないカラダになっている人が多いのです。 歪みを正すことで「寝りゃ治る」という本来あるべき姿に戻っていただきたいと考えます。

健康なカラダ=美しいカラダ

歪みのないカラダは自然と美しいカラダになっていきます。
歪んだ関節の周辺の筋肉は必ず固まっています。そしてその周りや末端がむくみやすくなります。筋肉が正しく使われないため、皮下脂肪も癒着し固まってしまい、関節の動きを邪魔するようになります。そしてまた筋肉が正しく動かない→関節も正しく動かない→脂肪が溜まるといった悪循環に陥ります。

姿勢の改善

多くの女性が望んでいる下腹を凹ましたい!下半身を細くしたい!などは、関節の歪み(骨盤だけではありません)を改善し、皮下脂肪の癒着を剥がすことで 解決するケースがほとんどです。関節の歪みから筋肉がちゃんと使われていないために、下腹が出て、下半身が太くなってしまうのです。

よく骨盤矯正をすると痩せると言う方がいますが、それだけでは痩せません

細くなったように見えるだけです。どう考えても骨盤矯正で脂肪が燃焼することはないです(笑)
ただ、歪みを整え、筋肉を使える状態にすることで、運動をすれば痩せやすいカラダにはなると思われます。
ですので、ダイエット目的で運動をしてるのに痩せない!という方は、カラダの歪みと皮下脂肪の癒着が原因かもしれません。

適応症について

適応症について
  • 頭痛
  • 肩コリ
  • 五十肩
  • 背部の痛み
  • 腰痛
  • 膝痛
  • 神経痛
  • 関節の痛み
  • 手足の痺れ
  • 冷え性
  • むくみ
  • 生理痛
  • 慢性的な疲労感
  • 自律神経の乱れ
  • スポーツ障害など

また、痛みが無くても関節の可動域制限のある方やカラダのバランスが悪いと感じる方もお気軽にご相談ください。

頭痛に関して

めまい・嘔吐・痺れが伴う場合には脳血管障害などが疑われるので、最初に専門医の診察を受けることをお勧めいたします。そこで異常がなかった場合には当院にご相談ください。
また、腰痛などでご来院くださった方でも問診や施術中において内科的な疾患が疑われる場合には、当院での施術を中止し、専門機関での受診をお勧めすることがございますので予めご了承ください。残念ながら私は神の手を持ち合わせておりませんが、当院にて改善可能と判断した場合には全力で挑むことをお約束いたします。

ページ上部へ